花散歩20120409

散歩 No Comments


土日に花見と称してハシゴで酒盛りに参加したり、昭和歌謡カラオケで歌いまくったりしたので、今日こそはちゃんと桜の花を見ようと出かけました。

まずは地元横浜。大岡川沿いの桜が有名ですが、遊歩道も狭いし露店やら提灯やらでゴチャゴチャしててアレですね。川もあんまりキレイじゃないので、まぁこんなもんでしょうか。

クアアイナで燃料を補給して、南武線の宿河原へ移動。コチラもバイト仲間のKさんに教えてもらったお花見スポットです。
駅近くを二ヶ領用水という用水路が流れているんですけども、ココ、水面のかなり近くまで桜の枝が迫っていて、用水路の幅もそれほど広くなく、何とも風情があって素晴らしい。
ちょうど満開から散り始めといったところで、水面にもたくさんの花びらが流れていて、花見客の賑わいが気にならないほどの良い雰囲気でした。んー満喫した。

もう数枚ふりっかに写真有。

みつまたの花@常泉寺(神奈川県大和市)

散歩 No Comments


みつまたやカタクリが咲くお寺があるよと、バイト仲間のKさんに教えてもらい、さっそく行ってきました。
小田急江ノ島線の高座渋谷駅から800m弱のところにある、常泉寺という曹洞宗のお寺。
参道にずらっと植えられたミツマタ、アカバナミツマタが出迎えてくれます。
へぇー、みつまたってこういう花が咲くんだねぇ。ホントに茎が三又だよ。

小さなお寺ですが、片隅に水琴窟がしつらえてあったり、庭を一巡する遊歩道が切ってあったりと、なかなか趣向を凝らしてあります。ちょっと置物系が多くてどうかと思うけど(なぜかせんとくんまでいる……苦笑)。
たぶん藤棚と思われる一隅もあって、ゆっくりお弁当なんかも食べられそうですよ。
みつまたの他にも、カタクリ、芝桜、緋寒桜、花桃などが今を盛りと咲き乱れていて、境内は穏やかな春の香りに包まれていました。

他の写真はふりっかでドゾ。
やっとカメラの絞りをいじれるようになったんですが(遅!)半端にイジるとキモチワルイね絞り…orz
なお、巨匠には「なぜ高座豚を買ってこない!」と突っ込まれましたw

【散歩】大菩薩嶺・大菩薩峠20111116

, 散歩 No Comments


バイトと宿題でヘトヘトの昨今ですが、ふらっと大菩薩嶺へ行ってきました。

開けた稜線をのんびり歩きたいな〜と思って行きましたら、この時期、日当たりのいい所は霜柱が溶けてグチャグチャになるんですな。
稜線をダラダラのハズが、稜線がドロドロだったというw

色気を出して、大菩薩峠から石丸峠を経由しましたら、熊沢山の林の中で軽く道をロストしたりとか。
熊沢山から石丸峠までの、スキーのゲレンデみたいな開けた下りが、前述の如く溶けた霜柱でドロドロになってて本日の核心部だったりとか。
石丸峠から上日川峠に向かう「自然探索路」にフツーに渡渉が3カ所もあって、一カ所なんか思い切り丸太が流れに浸かってるだけで、トレッキングポールがなかったら沈だろ沈!てな感じだったりとか。

稜線からは、なんとスカイツリーが見えるほどの好天で(だがしかし、写真には写ってませんでした…人間の目って高機能だなぁ〜)、でも前日は晴れてたけど雲がかかっちゃってて富士山全然見えなかったそうで。
帰りに寄った大菩薩の湯、高アルカリ泉なのにマイルドで良かったなぁ。

帰り道、中央道の八王子経由がイヤだったので、何を思ったか超大回りして、河口湖→東富士五湖道路→御殿場→東名で帰宅してみましたw
が、さっきふもとまでクリアに見えてた富士山が全く見えない!
※翌日、よく東富士五湖道路を使うという先輩に聞いたら、「あそこから富士山見たことナイ」だってw

道の駅・甲斐大和が定休日だったのと、日川渓谷の紅葉がハズレだったのとが残念でしたが、1日たっぷり遊んで楽しゅうございました。

写真はふりっかでドゾ。

【散歩】仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳20111012-13

, 散歩 No Comments


そろそろアルプス系はシーズン終わりでしょうということで、晴れを狙って行って参りました南アルプス。
遊びすぎってツッコむの禁止なんだからね!

つか南ア近くていいよ南ア! ウチから芦安まで150kmないんだよ〜。今まで泣きながら片道300kmとか運転してたのは何だったんですかね(いや、それはそれでいいんだけど)。
行きも帰りも、ただただ「近っっ」という言葉しか出てこないww

が、芦安ー広河原ー北沢峠と、バスやら乗り合いタクシーやらを乗り継がねばならず、しかも平日は極端に便が悪い…。
芦安の駐車場で車中泊して、仕方なく7時40分の乗り合いタクシーに乗り、北沢峠に着いたのが9時半トホホホホ。

というワケなので、「フツー2連チャンなら先に甲斐駒でしょ」という声をぶっちぎって仙丈へ。

3000m越えてるし、“南アルプスの女王”だし、小仙丈コースがいくら楽ったって女王様的に「ホラしっかりお登り! ピシィピシィ!!(←ムチの音)」とくるだろうな…と下僕チックにビクビクしていたんですけど、なんつーか、「うわっ!?」という登り下りがない、と言い切ってしまっても過言ではないというか。
気がついたら3033m登っちゃってましたけど、いいんでしょうか。

ぐるっと木曽駒御嶽、穂高連峰、八ヶ岳、甲武信金峰、北間塩見赤石等々の素晴らしい眺めを堪能しまくってて、山頂で若干寒さに震えつつ、つい小一時間ボーッとしてしまったので、慌てて下山。
参考にならない所要時間:登り3時間、下り2時間。

この日のお宿は北沢峠の長衛荘。
玄関のナナメ向かいがすぐカイコ棚の就寝スペースなんですけど、仕切りカーテンと照明がついてて超快適!
いろんな話を伺いながら夕食を取り、疲れたので7時半就寝。子どもか。

オヤジの隣の布団wでぐっすり8時間以上も爆睡し、6時出発で甲斐駒へ。
仙水峠ー巻道経由でゴーッと上がったらまぁまぁのペースだったので、できれば13時5分のバスに乗りたい…そしてその前に長衛荘でコーヒーを!ということで、ゴゴゴッと下って(仙水峠ー仙水小屋15分とかバカですね)広河原からは乗り合いタクシーで芦安に戻りました。
全く参考にならない所要時間:登り4時間、下り2時間40分。
巻道上部、花崗岩が砕けたザラザラの登りがしんどかったなぁ。

タクシーの運ちゃんに訊いた「天笑閣」というお風呂、露天風呂もない小さな温泉だけど、源泉掛け流し、日本有数の高アルカリ泉(“日本第2位”というのが売りらしいけど、ちょっと調べたら4番目くらいだぞ)。
大浴槽の隣にほぼ水風呂のぬる湯がついてて、交互に入ると良いのだそう。
……いやぁ、おばちゃんたちがぬる湯にフツーに入ってるからフーンと思って入ったら、つべたくてビックリしたよ……。
余談ですけど、おばちゃんたちの言葉がスズコ(実母)の地元・静岡榛原のによく似てて、ちょっと懐かしかったであります。

んでまた近ぇ近ぇとかいいながら葡萄買って運転して、まだ近所のダイエー様がやってる時間に帰宅してしまいました(21時まで営業、たまに公式飲料を置いてくださるので様付け)。

なお、本日極端に写真が少ないのは、カメラの電池がなくなったからですorz
写真が少ないと選ぶのもラクだなぁ(涙目

●写真はコチラ

【散歩】新幹線DE平標山20111008

, 散歩 No Comments

高校時代のバスケ部の先輩(!!)が誘ってくださったので、空気を読まずに即決参加ww
ちなみに平標は「たいらっぴょう」と読みますよ。なにその名前…。

上越新幹線でプーッと越後湯沢に行って、そっからバス35分で登山口。
松手山までのガッツリ登りを2時間ほど頑張ると、キレイに紅葉した平標山の展望が開けます。
うわーこういう紅葉、今年は見られないかと思ってたからウレシイ!!

松手山からはドロドロの尾根道と、木の階段をやり過ごして頑張ります。
本日、平標山ノ家経由のコースに深いぬかるみはなかったので、そっちから上がってきたヒトに山頂でワシらの靴見られて「あらっ」とか言われちゃったヨ。

山頂到着が12時半回ってたし、雲が上がってきちゃったので、仙ノ倉山行きは諦めて、そのままゆるりと平標山ノ家〜平元新道へ。
でも平標〜仙ノ倉の稜線、めっちゃ気持ちよさそうだったなー。谷川岳から縦走もできるらしいよ。行ってみたいなぁ。

延々続く木の階段(ありがたいけど下りはキッツイっすなぁ)を下り、メチャメチャおしゃべりしながら林道経由でバス停へ。
バスで越後湯沢に戻って温泉入って「しんばし」でへぎそば!

ちなみに本日のオーダーは、現役時代にマネージャーさんだったきむこ先輩が身軽にヒョイヒョイと登ってってしまい、女子部キャプテンだったまみ先輩と、ひたすら「ゴール下に走れ!」と言われ続けていたワシが、ハァハァ言いながら後を追うという呈でした。

1日みっちり遊んで、超楽しかったでございます。
そして新幹線、超ラクチン!
また何かの機会にご一緒させていただけたらいいなぁ(願望
ふふふ、それにしても、バスケ部→登山部wとはねぇ。

【散歩】新穂高〜雲ノ平20110927-30

, 散歩 No Comments


ちゅうことで、25日夜に信州から帰宅して、26日午後に出撃して新穂高温泉で車中泊、雲ノ平に向けて出撃。
巨匠には「そういえば日曜日の夜に家にいたかもしれない」と言われましたw

雲ノ平って、深いとか憧れの地とかよく言うけどさぁ、2日かけないと登れない山なんて、他にもいっぱいあんじゃんね。
要は、周りがぐるっと百名山揃いなんで、雲ノ平は後回しってことなんだと思いましたが、どうか。

ワシはただキレイなとこに行きたいだけで、ピークハントとかどうでもいい「原」とか「平」とかが好きな派、つまり「はらたいらさんに全部」派なので(分かりにくい…)むしろ、いつまでたっても岩稜帯に行ける気がしません(え
が、まぁいいかw

雲ノ平は本当に静かで、それぞれ印象の異なる“庭園”が数カ所あって、できればノンビリ長逗留したい、本当にいい所でした。
ホントはもう1日取ってさらに奥の秘湯・高天原温泉に入ってみたかったけど、30日は天気が崩れる予報だったので、また次回のお楽しみということで。

双六小屋の生ビールが売り切れてたり、三俣山荘のケーキが売り切れてたり(でもコーヒーはうまかった!)、秋は何だかもの悲しいですね……。
ちなみに、今年は気温が急激に下がりすぎて、既に初霜が下りてしまったため紅葉はしてないというか、相当色が悪いみたいです。ザンネン。

もし行程にご興味があれば、ふりっかで写真をご覧頂ければ幸いです。
★写真はコチラ

—————–
そもそもネクラで引っ込み思案のワシですが、ソロ山行だと必然的にオープンマインド方向にならざるを得ないワケで(万一のときのために目撃されておくという意味でも他人に挨拶しまくる)、テンション上がってますますヘンなヒトになってることも手伝ってw 自然いろんなヒトと言葉を交わすことになります。
まぁ毎度そうなんだけど、今回は何だかいつもより会話が濃くて面白かったな。

中坊時代、ママチャリで福岡から屋久島へ登りに行ったのが、いまのヤマキチガイな自分の原点というテン泊の若者とか。

若者と3人で寒いのをガマンしつつ長々話し込んだ藤沢のオジサマとか。

小池新道の登りで軽くワシを抜かして行き、双六小屋で同室になった「最近は東北の山が好きでよく登りに行く」という女子とか。

後期高齢者記念(て75歳てことですよ!!)で仲良く双六から三俣蓮華を目指してたご夫婦とか。

「そのカメラカバー、いいですね」と声を掛けたら、スパッツからウインドブレーカーから帽子から、全部奥様の手作りというご夫婦とか。

三俣山荘でゴーカイにビールをかっくらってて、「雲ノ平に行ったら祖母岳とスイス庭園にはぜひ行ってくださいね」と教えてくれた姐さんとか。

帰りの鏡平山荘で同室になったご夫婦、実はワシと同区内出身・在住でしかもご主人とワシが同い年、おふたりの中学からワシの高校に来た同級生の話でひと晩めっちゃ盛り上がってしまった(北アの山ん中で何だかなww)とか。

ひらゆの森でドライヤーしてたら、「雲ノ平山荘でお会いしましたね?」とわざわざ声を掛けてくださった奥様とか(「薬師が百名山の最後だったので、今度は雲ノ平に来た」んだそう)。

サミット“山頂”は、人が集まる場でもあるんだなぁとか思ったり。

そして、ふりっかによく分かんない同じような山の写真ばっか載せちゃってますけど(一応いつもセレクトかけてるつもりなんですがね…トホホ)
何かホント、山ってキレイだなぁって。

帰り道の小雨の中、ETCの通勤割までの時間を稼ぐために松本盆地を車走らせてて、灰色の層をなす雲と一段黒い山肌、そして垣間見える白い夕暮れ空のグラデーションを眺めながら、「ローラースケート☆ドリーム2」なんつーメロウな曲を聴いていて。
「山々は懐に美しい宝物を抱いていて、
 その奥深くへ分け入っていくと、
 美しいものの一部を少しだけ見せてくれる」
なんておセンチなことを考えたりしておりました。

あー、またどっか山行きてぇなー(またかよ

2011年9月のわたくしダイジェスト

みるきくよむ, , 人形, , 散歩 No Comments

今年の9月は何だか予定をみっちみちに詰め過ぎちゃって、日記を書くヒマもなかったんですけど、書き逃すのは惜しいくらい諸々面白かったので、ムリヤリまとめて書きますよ。

●9月3日(日)
高校時代のバスケ部顧問の退職記念パーティーに参加。先生は、ウチの代を最後に他校へ転任されたので、ウチの代が永遠のペーペー扱い。
当時、運動中に水は飲んじゃダメな時代で、いかに隠れて水を飲んだかとか、どう殴られたかとかぶっ飛ばされたかとか、そんな話で大盛り上がり。
同期に強く勧められてしぶしぶFacebookを開始(が、結局ミクやついったと同じことを垂れ流しておる)。

●9月11日(日)
ドールショウ(お人形イベント)にて、AKIBAYAさんのブースをお借りして人形叩き売り第2弾を敢行。
売り上げは台風12号の被災地である和歌山と奈良の社共に寄付しました。
皆さま本当にありがとうございました!

●9月15〜17日
JTBのバスツアーで南三陸へ夜行1日半のボランティアに行ってきました。両日とも、重機がざっと片した土地の細かいゴミを拾う作業をしました。

バスで隣になったオバサマが、京都からいらした(!)山登りする方で、山の話や、ご趣味の能面彫り(!!)の話を伺ったりと楽しかったス。
あと、ツアーに若い子が多かったのでちょっと訊いてみたら、大学では「被災地ボラ行くでしょ」的な空気になっているとか。
きっかけはどうあれ、時間とお金(今回22600えん)を費やして実際に出かける若いヒトがたくさんいるのは心強いなぁと思ったことでした。

●9月18、19日
ピンク・レディーコンサート「INNOVATION」2タテ(ニヤリ
18日は前から8列目のネ申席でありました。ねこ姐に超感謝!
ミーちゃんもケイちゃんもホンットキレイ…あんな50代ならなってもいいw
そして、歌も踊りも、アイドルの頃とは桁違いに良い! わざわざ解散を“やめ”たふたりの覚悟が伝わってきます。マジですげぇよ。

そして、会場には老若男女のコスプレイヤーが山盛り押し掛けてますwww
踊る曲のときは、全員で「ペッパーーーーー」ってやるんだよ!!((c)糸井重里)w
さらに、ふたりが着替え中に客席だけで1曲踊るコーナーもありましてww、今回2日とも“試験”に出たのが、ワシは難しすぎてパスした「モンスター」。うう、ヤマがはずれた……orz 次回はちゃんと予習して行きます!

2日目、みんなのコスプレが急にうらやましくなり、百均でバラ買ってきて、過去の遺産のワンピースに縫い付けて即席カルメンの衣装を作って参戦。

アンコール曲の時、スタッフの事前仕込みで客席が一面ピンクのサイリウムだけになりまして、あまりの美しさ、そしてみんなのピンク・レディー大好きっぷりに感動して危うく泣きそうになりましたww
お誘い&チケ用意してくださったねこ姐と真里子姐に感謝。

●9月23〜25日
BUMP!散歩部のトミーさんと健太さんが『信越五岳110kmトレイルランニングレース』なる面妖なレースに出るというので、応援するフリして山登りに行っちゃえ、ということで、☆ようこ☆さんとふたり、コウエンズ(柴咲コウたちによる応援隊)として信州へ。
おいしいイタメシ喰ったり火打山に登ったり(途中まで)一応コウエンしたり、スキー友達のふうじんさんと旧交を温めたりしました。
ふうじんさんは菅平の5kmトレランレースの帰りだそうで、元気そうでホントヨカッタ。わざわざありがとう!

火打山でドキュモが圏外なのにauはバッチリで、トミーさんが申告タイムより全然早く予定エイドステーションに入るのを無事お迎えできたのはヨカッタ。
たまにドキュモはこういうことがあるよね…うーん、auからあいぽん出るんだったら買っとくかなぁ。

ちなみに(ってオイ)、トミーさんはみごと完走! 健太さんも80km過ぎまで頑張りました。
ナイスおばかさん!!←心からほめてます お疲れさまでした〜!!!

★写真はふりっかでどうぞ。コチラ

●9月27〜30日
妙高からとんぼ返りしてw、新穂高温泉からソロで雲ノ平まで行ってきました。
ココだけはさらに長文になりそうなので、次の日記に書きますお。

なお、他の日にちにつきましては、マジメに書類仕事やら拡大写本ボやらやってましたんでお許しを(って誰に言ってんだw)。

2011大曲花火→栗駒山登山

, 散歩 No Comments

今年もマイミクさんご一家の絶大なるご協力により、秋田・大曲の全国花火競技会を観覧することができました。感謝。

今年は昼花火にもスターマインが登場!

大会提供のワイドスターマイン。フレームに入りきりませんw

翌日は須川温泉に移動して栗駒山登山。
「“昭和のかおりの山びこのおっさん”がご案内する栗駒山登山」ツアーww

地獄谷付近で「ヤッホー!」というと、おっさんの声で山びこが返ってきます……。
某省庁のヒミツ任務だそうですww


×小学校 ○昭和湖


山頂に着きましたが眺望ゼロ。ちなみに下ったら晴れましたorz
…………そういえば“やや最終気象兵器”が同行してたんだったorz


下山後、須川温泉にて。足湯、かなり熱いです。
足をつけてる間だけしかビールが飲めないという新しいパターンの足湯ハラスメント発生w


鳥海山に沈みきった夕陽orz
(カメラを取りに行ってる間に沈んでしまった)
この後撃沈してしまって、星空の露天風呂に入れずじまい。
いやきっと星なんか出てなかったに違いない。

翌日、仙台で伊達の牛たんを喰って帰宅。
今年も天気に恵まれ、盛りだくさんのたのしい旅行でございました。

●以下、尾籠ネタ注意 下品なので畳みます。

「“昭和のかおりの山びこのおっさん”がご案内する栗駒山登山」顛末記
〜サブタイトル「自然が汚れるby閣下」〜

Read the rest…

【散歩】花の白馬岳・朝日岳縦走20110809-11

, 散歩 No Comments

下山の翌日に静岡に移動して飲んだくれてたりしたので、すっかり間が開いてしまい、早くもディテールが霞の向こう…orz

ということで、ヨシオの四十九日も済んでないのに北ア縦走なんかしに行ってしまいました。
だってお花、今しか咲いてないんだもーん。
(ヨシオは厳冬期の菅平にノーマルタイヤで上がり、子供載せてるのに下りで車が3回転とか平気でやるヒトだったので、その血を色濃く受け継いでいると言い張れば大抵の言い訳が立つww)

ルートは栂池→白馬岳(白馬山荘泊)→朝日岳(朝日小屋泊)→蓮華温泉。
危ないトコはないけど、2日目3日目が結構なロングコースでした。

山々に雲がかかりがちで、すぐ近くに見えるはずの剱岳も見えなくて残念だったけど、まぁそれはまた見にいけば良いw
鉢ヶ岳の東面や雪倉岳の下り、五輪尾根などなど可憐な花々が今を盛りと咲き乱れていて、本当に素晴らしかったです。
うむ、行って良かった。

が、せっかく激重カメラを担いでったのに、全然いい写真が撮れなかったのが残念。
もうちっとカメラも勉強せんとストレスたまるぬ。





シーズン最盛期なので、山小屋は平日でも相部屋だったけど、女性ソロの先輩方といろんな話ができて、諸々勉強になりました。

とりあえず、登山2年目+その装備(トレランシューズ、ストックなし)でソロ縦走はかなり無茶!と方々でたしなめられたので、近々ちゃんとした登山靴とストックを買いに走ろうと思います。←そこか

それにしても、長い距離を延々ひとりで歩いてると、途中で「♪巻いちゃうの、巻いちゃうの、鉢ヶ岳は登らず巻いちゃうの」とか黒沢さん風テキトー歌がついつい出てしまうのには参りました…。

鎌倉ハイキング→鎌倉山飲んだくれ

あの店, 散歩 No Comments

大学時代の友人がやってる鎌倉山の“いえカフェ”joie de vivre (ジョワ・ド・ヴィーブル)で集まって飲んだくれる前に、ビールをさらに美味しくしよう!ということで、北鎌倉からハイキングして乗り込むことにしました。

今回は、敢えて浄智寺からではなく、長寿寺の脇から上がって亀ヶ谷坂と化粧坂の両切通しを通るコースをセレクト。

亀ヶ谷坂切通しはフツーっぽい道でしたが、

化粧坂切通しは完全に車両通行不可。
そういえば昔、完全にナメてて原チャリで上がろうとしたりしました…。
(こんなトコ原チャリで上がれるワケがないので引き返した)

大仏ハイキングコースを通って、樹カフェで車道に下りるまではとても気持ちよくハイキングできたのですが、八雲神社から住宅街経由で鎌倉山まで歩くのが辛かった……。
素直に樹カフェまで車で迎えに来てもらえばよかった(え


おみやげの紙袋の持ち手がボロボロになるような思いをして(←分かりにくい)やっとjoie de vivreに辿り着くと、すっかりBBQの用意が出来上がっていました。
いつも素晴らしいホスピタリティで迎えてくれるマダームとご主人に感謝!

缶詰博士である友達のご主人、はやとさんによる、即席缶詰nightも開催。
博士の助手は、今年joie de vivreにやってきた看板犬、ミディアムプードルのジョビンくん。


ジョビンくん、巨匠と仲良くなるww
巨匠はずーーーーーーーーっと!ジョビンくんを抱っこし続けてて、お互いいたく気に入った様子でした。

« Previous Entries