かわいキャンプ2かいめ

No Comments

昨年10月下旬に初めて岩手のかわいキャンプを利用したとき、お世話になったスタッフさんが退職されるというので、若干ムリヤリ予定を詰め込んでみました。

つか、かわいキャンプって何なのよという話ですが、前回利用したときの話もそのうち書くからまぁ待て。
簡単にいうと、廃校になった高校を利用した、ボランティアのための滞在施設です。宮古市・山田町・大槌町の各ボランティアセンターのニーズとのマッチングもしてくれて、さらに各ボラセンまでの送迎もしてくれます。
畳の上に寝泊まりできるスペースがあって、家庭科室で自炊もできるし、冷蔵庫・洗濯機・乾燥機、シャワーブースまである。シャワーブースの床、よく凍ってるけどな。
朝は送迎の途中でコンビニに寄ってくれるので、昼食が買えるし、帰りはスーパーに寄ってくれるので夕飯の買い出しが可能。
マジで至れり尽くせりです。
ちょっと遠いけど、16km離れたとこに湯ったり館という温泉施設もあるヨー。

初日から無駄なく活動しようと、横浜→盛岡へ夜行バスで移動、106急行バス(盛岡〜宮古)の始発に乗ってキャンプへ乗り込みました。盛岡〜川井間に、県内でも1、2を争う寒さの区界高原ちゅうとこがあって、R106がよくツルツルに凍るそうなので、今回は車で行くのは諦めた。

で、まぁ1日目だから、宮古市の委託を受けて行っている、キャンプ内での写真洗浄作業に割り振られるだろうな〜と思いましたら、いきなり大槌町へ行けと。
大槌行き、この時期は峠を越えられないので、宮古(かわいキャンプから約30km)から山田町を経由して、片道1時間半くらいかかっちゃう。
しかも、津波の被害を受けて、あちこち壊れたり破れたりしてる(強度的には問題ないらしい)旧大槌中学校の体育館内=電気水道ガスなし、暖房器具は石油ストーブのみという環境下で写真洗浄の作業をするので、そりゃもう寒かろうと。

…………結局、何の因果か3日連続で大槌通いとなりました。現地常勤のヒトがキレてデジタル温度計とか買ってきてたけど、朝イチの室温(外気温じゃないですよ)がマイナス4.4℃の日とかありまして。「室温が0℃になったら作業を始めましょうか」って、どこの南極越冬隊での会話ですか。
でもまぁ、おばあちゃん手足が冷たくならないヒトなので、大槌行きもそんなに苦じゃありませんでした。復興食堂とか、昨年12月22日にオープンしたばかりのマスト(Homac+スーパー、GS・病院その他の複合施設)にも行けるしね。

それから、昼の12時になると有線で流れる『ひょっこりひょうたん島』のメロディーが、ガチひょうたん島世代にはたまらんワケですよ!
あ、なんでこの曲かってーと、ひょうたん島のモデルになった蓬莱島が大槌湾に浮かんでるからなんですがね。

と、そんなこんなで現地への思い入れを深めつつ、かわいキャンプ内での非常にシステマティック&レベルの高い写真洗浄現場でしぼられたり(おばあちゃん作業が雑……orz)、仮設住宅の集会所でのお茶っこサロン支援に行ったり、イベントのお手伝いをしたりと、12日間活動してまいりました。
山田町の写真展示場で写真を壁に貼ってたとき、見にいらした方が「うわっこれ私!」と、貼ったばかりの写真を嬉しそうに持ち帰られたときは、こっちもかなりテンション上がりましたですね。

前回来た時に比べると、瓦礫片付け・側溝掘りなどの肉体系ニーズがほとんどなく、運動不足で若干眠りが浅くなったりもしましたが、季節も季節だし、何よりニーズが変容しているので、まぁつべこべいわずにちゃきちゃき動けと。酒太りは散歩で解消するんだ!

酒といえば、キャンプの隣の上川井集会所で開催された、川井地域づくり委員会主催の「カラオケを楽しむ夕べ」へのお誘いがあったので、空気を読まず?総勢8名で乱入。おらの『天城越え』で、地元のおかさん(りっちゃんw)が踊ってくれたの嬉しかったなぁ。
酒が進むにつれ場内はカオスとなり、森進一の『おふくろさん』をソックリに歌うおかさんの歌唱力に驚愕したり、『津軽じょんがら』にあわせて、灰皿と栓抜きの即席三味線隊が結成されたり。

民謡の全国大会で優勝した審査員の先生方の、生南部木挽き歌、南部牛追い歌に感動したり。
最後はみんなで輪になって、なぜか炭坑節の振付で盆?踊り。
いやぁ盛り上がりました。

んで、かわいキャンパーが独占しちゃった3賞、賞品を開けてみたら洗濯洗剤とか即席ラーメンとかで、もしや最初から接待カラオケモードだったのではという疑惑あり。
全員、翌日までガッツリ酒が残るほど飲ませていただき、煮しめ(おでんのことをこう呼ぶらしい)やお菓子等々たんまり頂いてしまって、申し訳なかったかなーとも思いつつ、「史上最高の盛り上がり」と喜んでいただけたモヨウなので、まぁ良しとしましょう。
N応援団長、超GJです!!

当初の目的のひとつだった、Oさん送り出しも盛大に行われ、また長期ボラさんのサプライズ誕生日祝などもあり、いろいろと充実した滞在でありました。
今回は特に、長期ボラさんたちの話をゆっくり聞けたのが収穫だったかな。
自分がずっと詰めていられなくても、長期ボラさんたちの後方支援ができそうだということも分かったし。

あと、今まで被災地の写真を撮る気になれなかったんだけど、震災から1年が経とうとしている今、現地がどうなっているのかを伝えるという意味で、今後は自分がカメラを持ち込む意義もあるかも、というふうに考え方が変わりました。←まるっと長期ボラさんの受け売り
なんか、母の知り合いから「娘さんに話を聞けないか」という声もあったりするらしい。うわしまった写真撮ってくればよかった。

帰宅後、横浜は寒かないけど何だか風が冷たいなーと、早くも岩手での日々がちょっぴり懐かしくなってきておりますw

フルーツガーデン関本、福島テレビに取材さる

あの店, みるきくよむ No Comments

FTVスーパーニュース「只見町に避難する大熊町の果樹農家」
福島県浜通りの大熊町から奥会津の只見町に避難した果樹農家の関本さん一家。新しい土地での関本さんの決意とは・・・。(2012.1.13 OA)

河北新報にも何度か記事が掲載されてるので、リンク貼っとく。
河北新報ニュース 故郷離れ有機米に挑戦/果樹農家(福島県大熊町)・関本信行さん
河北新報ニュース 放射線測定、定期収入に/果樹農家(福島県大熊町)・関本信行さん
河北新報ニュース 待ちに待った一時帰宅/果樹農家(福島県大熊町)・関本信行さん

皆既月食

みるきくよむ No Comments



欠け始め頃は雲がかかっててダメかと思いましたが、次第に晴れてくれて、天体ショーを楽しむことができました。
そして今日は、偶然にも満月だったんですねぇ。
皆既の月、なんかタコ焼きっぽい(オイ
たけしがテレビで「見えてんじゃねえか!」って言っててワラタ。

それにしても、ウチの親父は400mmのズームとか何するつもりだったんだろうww
レンズがほぼ真上を向いているので、400mmいっぱいに伸ばした筒がストンストン落ちてきて、支えるのが大変でしたw

———-
その後、gomafさんから「月食は満月のときにしか起こらないのでは?」というツッコミをいただきました。
バカなので調べてみました。……ふふふ、また一歩野望に近づいた!(何の)
神奈川工科大学厚木市子ども科学館のサイトより「月食ってなに?」

tokidokiバービー

Barbie, 人形 2 Comments



ひっさびさにお人形を買いました。
アメリカのポップなブランド、tokidokiとのコラボバービー。
ワシの大好きなステフィーフェイス(60年代からある顔の型、キスしてるような唇が特徴)にピンク髪、 もうカタログを見た瞬間に飛びついてしまったw

細かいとこが色々凝ってる上、タトゥーもゴイスー!
これで7875えんは安…………いんですよ、お人形の世界ではな!

夜にテケトーに写真撮ったんで、色々ダメダメですが、まぁ気にすんな(オイ

★tokidokiバービーその後の情報★
残念ながら、カワイイ豹柄のレギンスが色移りするモヨウです!
開封して遊ぶご予定の方は、急ぎレギンスを脱がせるべしっ
ウチのもただ今生足で寒さに震えてますw

南部ハナマガリ鮭Tシャツ

愛と物欲の果て 3 Comments


東日本大震災で被災した、岩手県上閉伊郡大槌町の中学生の部活動を支援するプロジェクトです。
Tシャツ1枚1,500円のうち、500円が支援金になります。
ぎゃっナニこのイラストかわいい!!と思ったら、知り合いのイラストレーターさんの御作でした(長野亮之介さん)。
Tシャツの生地、けっこうしっかりしてます。紗がかかったような色合いのは、さらっとやわらかな生地で着心地良さそう。Tシャツ好きを自認するワタクシも満足のクオリティでございます。
「3枚もご購入くださりありがとうございます!」と、丁寧な手書きのお手紙がついてましたけど、3枚買っても4,500えん、ヘタなTシャツ1枚分のお値段ですよ!!
ちなみに、2012年9月までは販売を続行するそうですよ〜。

南部ハナマガリ鮭Tシャツプロジェクト
http://hanamagari.naganoblog.jp/

【散歩】大菩薩嶺・大菩薩峠20111116

, 散歩 No Comments


バイトと宿題でヘトヘトの昨今ですが、ふらっと大菩薩嶺へ行ってきました。

開けた稜線をのんびり歩きたいな〜と思って行きましたら、この時期、日当たりのいい所は霜柱が溶けてグチャグチャになるんですな。
稜線をダラダラのハズが、稜線がドロドロだったというw

色気を出して、大菩薩峠から石丸峠を経由しましたら、熊沢山の林の中で軽く道をロストしたりとか。
熊沢山から石丸峠までの、スキーのゲレンデみたいな開けた下りが、前述の如く溶けた霜柱でドロドロになってて本日の核心部だったりとか。
石丸峠から上日川峠に向かう「自然探索路」にフツーに渡渉が3カ所もあって、一カ所なんか思い切り丸太が流れに浸かってるだけで、トレッキングポールがなかったら沈だろ沈!てな感じだったりとか。

稜線からは、なんとスカイツリーが見えるほどの好天で(だがしかし、写真には写ってませんでした…人間の目って高機能だなぁ〜)、でも前日は晴れてたけど雲がかかっちゃってて富士山全然見えなかったそうで。
帰りに寄った大菩薩の湯、高アルカリ泉なのにマイルドで良かったなぁ。

帰り道、中央道の八王子経由がイヤだったので、何を思ったか超大回りして、河口湖→東富士五湖道路→御殿場→東名で帰宅してみましたw
が、さっきふもとまでクリアに見えてた富士山が全く見えない!
※翌日、よく東富士五湖道路を使うという先輩に聞いたら、「あそこから富士山見たことナイ」だってw

道の駅・甲斐大和が定休日だったのと、日川渓谷の紅葉がハズレだったのとが残念でしたが、1日たっぷり遊んで楽しゅうございました。

写真はふりっかでドゾ。

【散歩】仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳20111012-13

, 散歩 No Comments


そろそろアルプス系はシーズン終わりでしょうということで、晴れを狙って行って参りました南アルプス。
遊びすぎってツッコむの禁止なんだからね!

つか南ア近くていいよ南ア! ウチから芦安まで150kmないんだよ〜。今まで泣きながら片道300kmとか運転してたのは何だったんですかね(いや、それはそれでいいんだけど)。
行きも帰りも、ただただ「近っっ」という言葉しか出てこないww

が、芦安ー広河原ー北沢峠と、バスやら乗り合いタクシーやらを乗り継がねばならず、しかも平日は極端に便が悪い…。
芦安の駐車場で車中泊して、仕方なく7時40分の乗り合いタクシーに乗り、北沢峠に着いたのが9時半トホホホホ。

というワケなので、「フツー2連チャンなら先に甲斐駒でしょ」という声をぶっちぎって仙丈へ。

3000m越えてるし、“南アルプスの女王”だし、小仙丈コースがいくら楽ったって女王様的に「ホラしっかりお登り! ピシィピシィ!!(←ムチの音)」とくるだろうな…と下僕チックにビクビクしていたんですけど、なんつーか、「うわっ!?」という登り下りがない、と言い切ってしまっても過言ではないというか。
気がついたら3033m登っちゃってましたけど、いいんでしょうか。

ぐるっと木曽駒御嶽、穂高連峰、八ヶ岳、甲武信金峰、北間塩見赤石等々の素晴らしい眺めを堪能しまくってて、山頂で若干寒さに震えつつ、つい小一時間ボーッとしてしまったので、慌てて下山。
参考にならない所要時間:登り3時間、下り2時間。

この日のお宿は北沢峠の長衛荘。
玄関のナナメ向かいがすぐカイコ棚の就寝スペースなんですけど、仕切りカーテンと照明がついてて超快適!
いろんな話を伺いながら夕食を取り、疲れたので7時半就寝。子どもか。

オヤジの隣の布団wでぐっすり8時間以上も爆睡し、6時出発で甲斐駒へ。
仙水峠ー巻道経由でゴーッと上がったらまぁまぁのペースだったので、できれば13時5分のバスに乗りたい…そしてその前に長衛荘でコーヒーを!ということで、ゴゴゴッと下って(仙水峠ー仙水小屋15分とかバカですね)広河原からは乗り合いタクシーで芦安に戻りました。
全く参考にならない所要時間:登り4時間、下り2時間40分。
巻道上部、花崗岩が砕けたザラザラの登りがしんどかったなぁ。

タクシーの運ちゃんに訊いた「天笑閣」というお風呂、露天風呂もない小さな温泉だけど、源泉掛け流し、日本有数の高アルカリ泉(“日本第2位”というのが売りらしいけど、ちょっと調べたら4番目くらいだぞ)。
大浴槽の隣にほぼ水風呂のぬる湯がついてて、交互に入ると良いのだそう。
……いやぁ、おばちゃんたちがぬる湯にフツーに入ってるからフーンと思って入ったら、つべたくてビックリしたよ……。
余談ですけど、おばちゃんたちの言葉がスズコ(実母)の地元・静岡榛原のによく似てて、ちょっと懐かしかったであります。

んでまた近ぇ近ぇとかいいながら葡萄買って運転して、まだ近所のダイエー様がやってる時間に帰宅してしまいました(21時まで営業、たまに公式飲料を置いてくださるので様付け)。

なお、本日極端に写真が少ないのは、カメラの電池がなくなったからですorz
写真が少ないと選ぶのもラクだなぁ(涙目

●写真はコチラ

【散歩】新幹線DE平標山20111008

, 散歩 No Comments

高校時代のバスケ部の先輩(!!)が誘ってくださったので、空気を読まずに即決参加ww
ちなみに平標は「たいらっぴょう」と読みますよ。なにその名前…。

上越新幹線でプーッと越後湯沢に行って、そっからバス35分で登山口。
松手山までのガッツリ登りを2時間ほど頑張ると、キレイに紅葉した平標山の展望が開けます。
うわーこういう紅葉、今年は見られないかと思ってたからウレシイ!!

松手山からはドロドロの尾根道と、木の階段をやり過ごして頑張ります。
本日、平標山ノ家経由のコースに深いぬかるみはなかったので、そっちから上がってきたヒトに山頂でワシらの靴見られて「あらっ」とか言われちゃったヨ。

山頂到着が12時半回ってたし、雲が上がってきちゃったので、仙ノ倉山行きは諦めて、そのままゆるりと平標山ノ家〜平元新道へ。
でも平標〜仙ノ倉の稜線、めっちゃ気持ちよさそうだったなー。谷川岳から縦走もできるらしいよ。行ってみたいなぁ。

延々続く木の階段(ありがたいけど下りはキッツイっすなぁ)を下り、メチャメチャおしゃべりしながら林道経由でバス停へ。
バスで越後湯沢に戻って温泉入って「しんばし」でへぎそば!

ちなみに本日のオーダーは、現役時代にマネージャーさんだったきむこ先輩が身軽にヒョイヒョイと登ってってしまい、女子部キャプテンだったまみ先輩と、ひたすら「ゴール下に走れ!」と言われ続けていたワシが、ハァハァ言いながら後を追うという呈でした。

1日みっちり遊んで、超楽しかったでございます。
そして新幹線、超ラクチン!
また何かの機会にご一緒させていただけたらいいなぁ(願望
ふふふ、それにしても、バスケ部→登山部wとはねぇ。

【散歩】新穂高〜雲ノ平20110927-30

, 散歩 No Comments


ちゅうことで、25日夜に信州から帰宅して、26日午後に出撃して新穂高温泉で車中泊、雲ノ平に向けて出撃。
巨匠には「そういえば日曜日の夜に家にいたかもしれない」と言われましたw

雲ノ平って、深いとか憧れの地とかよく言うけどさぁ、2日かけないと登れない山なんて、他にもいっぱいあんじゃんね。
要は、周りがぐるっと百名山揃いなんで、雲ノ平は後回しってことなんだと思いましたが、どうか。

ワシはただキレイなとこに行きたいだけで、ピークハントとかどうでもいい「原」とか「平」とかが好きな派、つまり「はらたいらさんに全部」派なので(分かりにくい…)むしろ、いつまでたっても岩稜帯に行ける気がしません(え
が、まぁいいかw

雲ノ平は本当に静かで、それぞれ印象の異なる“庭園”が数カ所あって、できればノンビリ長逗留したい、本当にいい所でした。
ホントはもう1日取ってさらに奥の秘湯・高天原温泉に入ってみたかったけど、30日は天気が崩れる予報だったので、また次回のお楽しみということで。

双六小屋の生ビールが売り切れてたり、三俣山荘のケーキが売り切れてたり(でもコーヒーはうまかった!)、秋は何だかもの悲しいですね……。
ちなみに、今年は気温が急激に下がりすぎて、既に初霜が下りてしまったため紅葉はしてないというか、相当色が悪いみたいです。ザンネン。

もし行程にご興味があれば、ふりっかで写真をご覧頂ければ幸いです。
★写真はコチラ

—————–
そもそもネクラで引っ込み思案のワシですが、ソロ山行だと必然的にオープンマインド方向にならざるを得ないワケで(万一のときのために目撃されておくという意味でも他人に挨拶しまくる)、テンション上がってますますヘンなヒトになってることも手伝ってw 自然いろんなヒトと言葉を交わすことになります。
まぁ毎度そうなんだけど、今回は何だかいつもより会話が濃くて面白かったな。

中坊時代、ママチャリで福岡から屋久島へ登りに行ったのが、いまのヤマキチガイな自分の原点というテン泊の若者とか。

若者と3人で寒いのをガマンしつつ長々話し込んだ藤沢のオジサマとか。

小池新道の登りで軽くワシを抜かして行き、双六小屋で同室になった「最近は東北の山が好きでよく登りに行く」という女子とか。

後期高齢者記念(て75歳てことですよ!!)で仲良く双六から三俣蓮華を目指してたご夫婦とか。

「そのカメラカバー、いいですね」と声を掛けたら、スパッツからウインドブレーカーから帽子から、全部奥様の手作りというご夫婦とか。

三俣山荘でゴーカイにビールをかっくらってて、「雲ノ平に行ったら祖母岳とスイス庭園にはぜひ行ってくださいね」と教えてくれた姐さんとか。

帰りの鏡平山荘で同室になったご夫婦、実はワシと同区内出身・在住でしかもご主人とワシが同い年、おふたりの中学からワシの高校に来た同級生の話でひと晩めっちゃ盛り上がってしまった(北アの山ん中で何だかなww)とか。

ひらゆの森でドライヤーしてたら、「雲ノ平山荘でお会いしましたね?」とわざわざ声を掛けてくださった奥様とか(「薬師が百名山の最後だったので、今度は雲ノ平に来た」んだそう)。

サミット“山頂”は、人が集まる場でもあるんだなぁとか思ったり。

そして、ふりっかによく分かんない同じような山の写真ばっか載せちゃってますけど(一応いつもセレクトかけてるつもりなんですがね…トホホ)
何かホント、山ってキレイだなぁって。

帰り道の小雨の中、ETCの通勤割までの時間を稼ぐために松本盆地を車走らせてて、灰色の層をなす雲と一段黒い山肌、そして垣間見える白い夕暮れ空のグラデーションを眺めながら、「ローラースケート☆ドリーム2」なんつーメロウな曲を聴いていて。
「山々は懐に美しい宝物を抱いていて、
 その奥深くへ分け入っていくと、
 美しいものの一部を少しだけ見せてくれる」
なんておセンチなことを考えたりしておりました。

あー、またどっか山行きてぇなー(またかよ

2011年9月のわたくしダイジェスト

みるきくよむ, , 人形, , 散歩 No Comments

今年の9月は何だか予定をみっちみちに詰め過ぎちゃって、日記を書くヒマもなかったんですけど、書き逃すのは惜しいくらい諸々面白かったので、ムリヤリまとめて書きますよ。

●9月3日(日)
高校時代のバスケ部顧問の退職記念パーティーに参加。先生は、ウチの代を最後に他校へ転任されたので、ウチの代が永遠のペーペー扱い。
当時、運動中に水は飲んじゃダメな時代で、いかに隠れて水を飲んだかとか、どう殴られたかとかぶっ飛ばされたかとか、そんな話で大盛り上がり。
同期に強く勧められてしぶしぶFacebookを開始(が、結局ミクやついったと同じことを垂れ流しておる)。

●9月11日(日)
ドールショウ(お人形イベント)にて、AKIBAYAさんのブースをお借りして人形叩き売り第2弾を敢行。
売り上げは台風12号の被災地である和歌山と奈良の社共に寄付しました。
皆さま本当にありがとうございました!

●9月15〜17日
JTBのバスツアーで南三陸へ夜行1日半のボランティアに行ってきました。両日とも、重機がざっと片した土地の細かいゴミを拾う作業をしました。

バスで隣になったオバサマが、京都からいらした(!)山登りする方で、山の話や、ご趣味の能面彫り(!!)の話を伺ったりと楽しかったス。
あと、ツアーに若い子が多かったのでちょっと訊いてみたら、大学では「被災地ボラ行くでしょ」的な空気になっているとか。
きっかけはどうあれ、時間とお金(今回22600えん)を費やして実際に出かける若いヒトがたくさんいるのは心強いなぁと思ったことでした。

●9月18、19日
ピンク・レディーコンサート「INNOVATION」2タテ(ニヤリ
18日は前から8列目のネ申席でありました。ねこ姐に超感謝!
ミーちゃんもケイちゃんもホンットキレイ…あんな50代ならなってもいいw
そして、歌も踊りも、アイドルの頃とは桁違いに良い! わざわざ解散を“やめ”たふたりの覚悟が伝わってきます。マジですげぇよ。

そして、会場には老若男女のコスプレイヤーが山盛り押し掛けてますwww
踊る曲のときは、全員で「ペッパーーーーー」ってやるんだよ!!((c)糸井重里)w
さらに、ふたりが着替え中に客席だけで1曲踊るコーナーもありましてww、今回2日とも“試験”に出たのが、ワシは難しすぎてパスした「モンスター」。うう、ヤマがはずれた……orz 次回はちゃんと予習して行きます!

2日目、みんなのコスプレが急にうらやましくなり、百均でバラ買ってきて、過去の遺産のワンピースに縫い付けて即席カルメンの衣装を作って参戦。

アンコール曲の時、スタッフの事前仕込みで客席が一面ピンクのサイリウムだけになりまして、あまりの美しさ、そしてみんなのピンク・レディー大好きっぷりに感動して危うく泣きそうになりましたww
お誘い&チケ用意してくださったねこ姐と真里子姐に感謝。

●9月23〜25日
BUMP!散歩部のトミーさんと健太さんが『信越五岳110kmトレイルランニングレース』なる面妖なレースに出るというので、応援するフリして山登りに行っちゃえ、ということで、☆ようこ☆さんとふたり、コウエンズ(柴咲コウたちによる応援隊)として信州へ。
おいしいイタメシ喰ったり火打山に登ったり(途中まで)一応コウエンしたり、スキー友達のふうじんさんと旧交を温めたりしました。
ふうじんさんは菅平の5kmトレランレースの帰りだそうで、元気そうでホントヨカッタ。わざわざありがとう!

火打山でドキュモが圏外なのにauはバッチリで、トミーさんが申告タイムより全然早く予定エイドステーションに入るのを無事お迎えできたのはヨカッタ。
たまにドキュモはこういうことがあるよね…うーん、auからあいぽん出るんだったら買っとくかなぁ。

ちなみに(ってオイ)、トミーさんはみごと完走! 健太さんも80km過ぎまで頑張りました。
ナイスおばかさん!!←心からほめてます お疲れさまでした〜!!!

★写真はふりっかでどうぞ。コチラ

●9月27〜30日
妙高からとんぼ返りしてw、新穂高温泉からソロで雲ノ平まで行ってきました。
ココだけはさらに長文になりそうなので、次の日記に書きますお。

なお、他の日にちにつきましては、マジメに書類仕事やら拡大写本ボやらやってましたんでお許しを(って誰に言ってんだw)。

« Previous Entries Next Entries »